パクリ

ぼくもパクリはする。するけどそれはオリジナルをつくるための格闘だ。

IMG_6958
また熱中症気味になった。昨夜遅くまで原稿を書いて、今朝早くからまた書いて、ひと仕事終えた疲れもある。ぼぉーっとして頭が熱くなって重くなって頭痛。2度昼寝をしたんだけど、夕方またつらくなって、アイスを買いに行った。あんまり美味しくなかったけど身体は冷やしんす。

医師の肖像原稿の大変さは、オリジナリティを求めてその人物を描くところにある。その人物が著名であればあるほど、資料は巷に溢れている。パクリの誘惑があるのだ。

まずインタビューはオリジナルである。その人物の表情や仕草の観察も、その人の部屋や持ち物の観察も、オリジナルである。基本ここまでがオリジナルの元。

次点のオリジナルはその医師の書いた文である。本にしろコラムしろ、本人が書いたものならもらいやすいし重要である。用語や言い回しを一致させるのも必要である。医者の場合論文という資料もあるが、これは読むのが大変だ、とくに英語は。もがいて読んで、もらえるところをもらう。

一方、その人物を別の人が書いた文がある。これはもらいにくい。その人物へのインタビューならまだしも、観察や描写をもらうのは、もはやマネである。とりわけそこにだけしかない記述は御法度である。参考に留めるのが無難である。

自分なりに人物に光を当ててゆく作業、もらうのもすごい格闘なのだ。

ところがひょいと軽くもらう人もいる2020年東京オリンピックのエンブレムデザインである。上から目線で恐縮だけど、あのパクリはえげつない。事務局も変だ。「全ての商標を調べたから大丈夫」って、デザインのオリジナリティって法律をクリアすること?その感覚にびっくりした。

要するにすべてお金のため。選手の禁止薬物摂取もお金のため。単なる大きな運動会なんだから、お金に熱くなるより競争に熱くなってほしい。オリジナルの身体の格闘が一番美しいんだから。

IMG_6955

ぼくの冷凍庫のエイリアンで五輪熱を冷やしてやるかな…(^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中