欲と良く

仕事は遊びほど楽しいのがいい。好きならば没頭できる。やればやるほど上手くなる。だからこそ誰かのためになる。

IMG_6606

今夕は斯界で一流の医師に“本音ワイルド”なお話をうかがった。おもしろかった。100ページにもナルナル講義資料も見せてもらった。がんがん棒線やびしゃびしゃ蛍光ペンをつけた資料も送って頂いた。インタビューをまとめるのだが、これで燃えなくてどうする。

その医師が、数ある好きなことばのうちから、ひとつ教えてくれた。

遊戯三昧(ゆげざんまい)。

作家で和尚で辻舌鋒鋭い話者でもあった今東光氏のことばである。遊戯とは遊びであるが、文字通りの遊びというよりも「仕事は遊び、遊びは仕事」と思えるかどうか。三昧=ざんまいとは浸ることで、これは深く精神が集中した状態をいう。

遊びなら純粋に没頭できるだろう。そうした仕事を選んでせよ。できていますか?

「文郷ミニ(というワープロがありましたね昔)」のぼくは、文を書くことは没頭できる。医師インタビューだけでなく物語も書ききった。次の物語も構想を練りだした。今朝も4時に起きて降りてきたことをメモした。タイトルは先日決まったが、今朝は舞台が決まった。構成がほんのり見えてきた。そのあとウトウトして6時に起きた。それが苦にならないからありがたい。

医師の生き方と遊戯三昧を重ねると、もうひとつ見えてきたことがある。彼には熱をこめてやってきたあるスポーツがある。それがあったからこそ医療も熱が入った。スポーツはまさに遊戯であるが、そこでフフンと思った。

ひとつのことを三昧できると、それがもうひとつの三昧を導く。遊戯三昧はセットものなのだ。

片方はその人らしい欲望であり、もう片方は往々にして社会善に通じる。医師の場合はスポーツと医療。ぼくの場合は恋と文である。なぜそうなるかといえば…

人間は「欲と良く」でできているからだ。そういう生き物なのである。

+++++++

さて、前身のブログから丸9年続けたブログの文修行、10年目に入る明日からは毎日書かない。「続けるために書く」日あった。それを反省して「欲と良く」に沿って書きたいことを書こうと思う。ただ習慣が崩れると人は弱い。そこで「10年1000日ブログ」を約束したい。1年100本、がんばります。

広告

欲と良く」への2件のフィードバック

  1. 毎日の日課だったので、少々寂しいですが…
    さらに郷さんの魂の籠った文章に出会えるなら、それもオツです。
    引き続き、ブログ楽しみにしております!
    ☆MIMO☆

  2. ありがとうございます。しかしながら、、、今日も書いてしまいました…(笑)
    明日のことはぼくにもわかりません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中