生きるための遺影

Xカメラマンが撮影する人物の肖像は、人柄を存分に引き出す。撮影される当人もまんざらではないが、よくその細君が「これなら遺影にも使えるわね」と言ってくれるそうだ。

遺影撮影サービスというニーズはある。

別のYカメラマンが、Living DeadならぬLiving Will、つまり生前遺言状にからめて、最近エンディングノートが流行っているでしょ、今のうちに遺影を撮っておきませんかサービスをしている。これいけるね、って話をしていた。

なんせ仏壇なんかいらない。墓だって今日びは高いし、高齢化社会•独居時代、誰も掃除しない。良い写真があればいいのだ。それも死ぬ間際ではつらい。まだ生きるぞ、でもいつか死ぬよな、という油がまだある時代に撮っておきたい。

いいじゃんと遺影撮影からのオプションサービスを色々発想した。そのうちのひとつ、生き証人から「あの人のメモリー」を集めるサービスはどうか。

夫や妻が死んだ。形見はある。写真も何枚かはある。だがほんとうにはどんな人だったか?家庭の中でしか知らない。仕事場や社会での夫や妻はどんな人だったのか?

「そんなの知りたくもないわよ」という大多数の妻を除き、ごく一握りの妻を相手に、メモリーを集める。仕事場では生前どんな人だったのか。元同僚や上司や部下に語って頂きビデオに収めてDVDを妻に渡す。きっと一度も見ないまま焼却されるのがオチだが…(笑)

遺影を写すタイミング、いつがいいのだろうか。そう考えたら、冗談半分にXカメラマンがこう言っていたのを思い出した。

痛みもなく眠るように自殺できる薬があれば、売れるでしょうね」

売れる。ぼくも買う。何しろ駄文でカモフラージュしているが、現実のぼくは過酷な境遇にいるからだ。寂しい事実で冷静になんかいられない。だが憐れみはいらん。いつもひとりだった。いつまでもひとりだ。人はしょせんそんなもんだ。

だがほんとうは、遺影を一緒に写してもらえる人と一緒になりたかった。ぼくが先に死んだらそんな写真はうっちゃっていい。でも相方が先に死んだら、ぼくは必ず後を追う。そしてふたりの遺影を飾ってもらう。

もう手遅れ。その前にお呼びがくる。遺影、撮ってもらおうっと…(^^;)無料のテスト撮影でお願い…(笑)

IMG_6255

咲くかなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中