ペーパー、プリーズ!

長時間ミーティングをした。どんな内容かって?紙のみぞ知る…ごめんなさい(^^;)

4月から始めた紙のオンラインショップの中期的な展開について、意見を戦わせた。本音論になった。結果からいうとやってよかった。メンバーの思いにまとまりが見えた。どういうふうにまとまったか…

IMG_5772

わからんでしょ(笑)要は「紙の手づくりで自分を表現できる」を展開したい。そこで一致した。ではそれをひと言でなんというか。スタッフもお客さんも納得できる「拠り所となる言葉」がほしい。また沈黙がおりてきた。…そしてcherryさんに言われた。

ことばのデザイナーならなんか出てくるでしょ?

あのね、ぼくはSiriじゃないの。ボタンを押せばことばが降りてくるわけがない。だが我々が売るのはどんな紙?どんな色?どんな素材?具体的にイメージしよう。すると…

「無印良品みたいなシンプルなの」

と意見がでた。なるほど、あそこはひとつの雰囲気がある。無印には無印の色がある。お客もスタッフも商品も似た色がある。モノ売りのLoftとは違う。そこで散会したあと、手持ちの無印のファイルを眺めた。

IMG_5773

確かにシンプルだ。だがそれ以上ピンと来ないので、帰りに秋葉原の無印に寄った。駅ビルの3Fに上ると、そこは見事に「個性を足す」というメッセージで溢れていた。

IMG_5774

無印良品とは無色、生成り、声高な主張なし、そんな商品ばかりだ。ここは「あなたの暮らしが主役」で、それをなるべく邪魔しない存在感のデザイン•色•素材で統一されている。まさに無垢を売っている。

IMG_5776

我々のやりたいことは、自分のお気に入りの紙で、個性いっぱいの手づくりをクォリティ高く仕上げる支援である。無印とどこか似ている。彼らのテーマは「無」である。ではぼくらのはなんだろう。

店内を巡って考えた。アロマデフューザーに打たれて唸った。レトルトのタイカレーをむにゅむにゅして考えた。ベッドに転げて遊ぶ外国人の若者に向かって聞こえないように「Stay away」とつぶやいた。閃かないので、帰ることにした。

電車の中でひとつ閃いた。自分の個性を表す紙だから「マイ ペーパー、プリーズ!」このフレーズ、いいなっと思ったんだけど… まるでトイレでした(笑)。まあアイデアは馬上枕上厩上と言いますから、こもって考えますか。ペーパープリーズ…いやことば、プリーズ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中