ASEAN留学生講座、スタート。

ASEAN留学生就活講座、先週から新学期がスタート。2週目になり生徒も先生もほぐれてきた。

IMG_5760
4月は“架け橋”というテーマで、日本のビジネス、ベトナム人の起業、キャリアデザインなどの講義を。今日のテーマは「日本はマネで成長してきた

スクリーンショット 2015-04-09 22.43.56

マクドナルドもセブンイレブンもスーパーマーケットもファミリーレストランもショッピングモールもセルフサービスも、みんなアメリカ発である。そこで…

先生、なんで日本人はアメリカが好きなんですか?

と、のっけから厳しい質問が(笑)なぜなのか。アメリカに短期間住んでいた経験からすれば、その自由さが好きだ。変人でもそれが個性と認められる。個性があることが尊ぶ風土である。アメリカは息がしやすい国だ。

ビジネスでいえば、アメリカは新しいサービスや業態の発明が得意である。それをマネて輸入してきたのが日本のビジネス界。「儲かるから好き」という面もある。

ただ日本は「ちゃんとマネをしてきた」。

セブンは米国の店舗より清潔で、商品も豊かだし、サービスもいい。単品管理という革命も日本発である。マクドナルドも本家アメリカは郊外店舗が中心だが、日本は銀座からスタートして立ち食い&早食い文化を一気に創造した。どこぞの“大国”と違って日本はちゃんとマネる。ココ重要。

そして今学期初めての演習は「日本のビジネスや商品をベトナムにもっていって成功させよう」グループ討議をしてもらった。クエンさん(名前間違ったらすまん)が訊いてきた。

先生、なぜ白い恋人は白い恋人というんですか?

ん?ベトナムに白い恋人をもってゆくという。おもしろい。だがネーミングのいわれは知らなかった。Wikiで調べてみると…

「創業者がスキーをしている時、ひらひらと雪が降ってきた。それが恋人のようだったんだって」

IMG_5762    ホンさん

ロマンチックですね。だがベトナムでは雪が降らない。そこで「緑の恋人」(抹茶味)、「ピンクの恋人」(ドラゴンフルーツ?)を考えた。白い恋人は外国人観光客に人気のある商品であり、ベトナム国民の平均年齢は28才と若い。ターゲットとしてもぴったり。良い発表だった。

IMG_5763     チャムさん

IMG_5764     チャンミンさん。

討議では、なかなか意見がまとまらない体験もしたようだ。だからついベトナム語で喋るんだけど、会社ではそうはゆかない。自分の意見を外国語で言い合える、聞き合える、そこからアイデアを生み出せるように導いてゆきたい。今学期も頑張ります。どうぞよろしく。

追伸:来週のテーマは「メトランの創業者フックさんの物語」から学べること。特に起業したい人は参考になるし、留学生としての苦労だけでなく、社会人になる苦労を感じてほしい。

また来週の講義では「ビジネス日本語」の話も入れるようにします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中