長野へ秋田へ、手づくりを広げる

今日から『プチ手•紙 te kami にほひ』手づくりイベントをアートマルシェ神田で開催する(2/21土曜まで)。

IMG_5463

メニューは「御朱印帳」「和綴じノート」「サシェと文香」「肉まん(^^)」。今夜は御朱印帳と和綴じで、どちらも5名参加。我々の規模では盛況(満席です)。

IMG_5457
手づくりイベントは毎年5月と11月に開催してきたが、今回のは12月下旬に寄せられた一通のメールがきっかけだった。

「秋田に住んでいますが、御朱印帳を作りたくてウエブサイトにたどり着きました。イベントは終わっているようですが、春にやる予定はありませんか?」

秋田在住のSさんは年明けの1-2月に東京に来るという。そのときできたらいいな〜という内容。じゃあSさんが東京にいる間に「御朱印帳、やろーか」となった。我々は尻が軽いし、口幅ったいがお客様思いなのだ(^^)

しかもSさん「お寺サイズはできませんか?」と訊いてきた。ああ、そういや前に神社ガールの取材した時に、そんな話をしてたかなあ…と脳の片隅を探った。出て来ないのでネットに訊いたらやっぱり2種類ある。「やりましょう!」。併せて好評の和綴じノート、新規のイベントを加えて開催。Sさん、熱心に作ってくださった。どうもありがとう。

IMG_5461

そして昨日、電話がかかった。「明日の御朱印帳、まだお席はありますか?」「はい」「では長野からまいります」「ええ!」「いや私の母が上京するときに作ってみたいというので」

来たのは70才のおばあちゃんだ。バスで到着するなり映画(洋画)を観て、相田みつお美術館に行って、その後でアートマルシェ神田に来た。なんて活動的なのよ!

ゆっくり丁寧に作ってくれた。長野の話になった。安曇野に移住したそうだ。いいところですね。ええそんなに雪は降らないわ。それで閃いた。ぼくらの手づくりを地方に広めよう!と。だいたいイベントは都市部である。集客しやすしい効率的だから。でもぼくらは地方の散らばる需要に応えようと山田D(スタッフ)に話した。

すると彼女は「世界に手づくりを!」とまん中に書いたマインドマップを見せてくれた(^^;)それは君に任せよう…(笑)まずは「わかりやすい説明」と「手づくりのネットワーク」を長野へ秋田へビヨンドへ。新幹線じゃないよ。地方の手づくりファン、待っててね!

IMG_5454

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中