集客の問題解決

集客はいつも悩ましい問題である。集まらないのはなぜか。PR不足?それもあるかも。内容が悪い?うむ。だが集客すること自体、間違っているのかもしれない。

今夜のASEAN留学生就活教養&リーダー養成講座、始まって以来の低空飛行の出席者数。たったの…3名(^^;)。先週は十数名、いつも少なくても6〜8名は集まるのに…

FullSizeRender(3)

しかも今日はゲストに“ほぼ人力”の宅配、エコ配の人事部長が見えていた。これからASEANに進出する成長企業、ピチピチの留学生が欲しい。ユニークなビジネスモデルの話がおもしかった。それなのに少ない集客でごめんなさい…

ぼくの講義は、正直少人数に沈んで、いつもより説明に力が入らず、盛り上がりに欠けちまった。3人にごめんなさい。しかしなぜ少なかったのだろう?

講義テーマがつまらない?マンネリ?そうでもないと思うんだがなあ…。「日本流」「提案」「議事録」「ペット」「旅館」「朝食」「サンダル」など気配りしているつもりだが…。

知識&理解レベルが上がってきて、物足りないのだろうか?それはありうるが、どのレベルに合わせるか結構むつかしい。それとも単に今中間試験中とか卒論が忙しいとか、外的要因なのだろうか?

皮肉にも今夜の講義テーマは「集客」だった(^^;)。そういや最近、イベントの集客に振り回されている。

10522721_399170820241308_3653534142523623772_n

昨日の夕方の『和綴じノートのワークショップ』、お昼に2名当日申し込み追加が入り、4時半過ぎその2名からキャンセル連絡が入り、5時前になって別の2名が申し込み、開始後に1名追加…結果オーライ…めまぐるしかった。

一方先月の被災地支援の『までいな時』は集客に苦しんだ。友人知人に声をかけまくってなんとかした。特筆すべきは、Facebookで「いいね」してくれた人は、誰ひとり来なかった。ネットピープルなんてしょせん…と思った。

コンテンツとPRは車の両輪という。どっちがダメでも動かない。だが広まれば来るというもんでもない。来てもコンテンツがダメならリピートがない。永遠にPRしないとならない。

つまり、ちゃんとした影響者がちゃんと内容を伝える口コミに勝る集客はない。風化している被災地支援のようなイベントは、実はPRしちゃいけないのだ。そっと伝え合わないと… 集客には公式があるようでない。

何にせよこれは問題である。そこで来週の講義テーマは『問題解決法』にしたいと思った(^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中