秋葉原の慣性の法則

オジサンはびっくりした…(^^;)いつも歩いている道沿いのビル in 秋葉原に、こ…こんなDeep世界が…

ことの発端は中村さん/三和印刷である。彼とcherryさんと山田Dと4人で打ち合わせをしていた。中村さんが語るわ語るわカタルシス…(^^*)『慣性の法則』を持ち出してきた。

「人類の進化や征服の歴史は慣性の法則があるんです。たとえばジンギスカンはアジア大陸を制覇しましたが、彼らの慣性の力の根源は騎馬民族なので馬です。馬で征服できないところは弱い。だから彼もフビライカンら子孫も西へ西へと領土を伸ばしていった。欧州あたりで慣性は弱くなった。逃れた西班牙(スペイン)や葡萄牙(ポルトガル)の慣性は西の海へ出て新大陸発見につながった。アメリカ人になった移民は、やっぱり西へ西へと行ってハワイや日本に攻めてきた。世界の歴史の慣性は西へ向かったんです」

ん?何の打ち合わせだ?(笑)

話は日本の文化に及び我々の仕事場のある秋葉原に移っていった。

秋葉原という町も変化の歴史を背負っている。明治の頃は東北からの炭の集荷場だったそうだ。恐らくその機能が野菜の市場となり、戦後は電気部品やラジオの町になった。90年代にパソコンに変化し、ほどなくメイド喫茶へ移りAKB48が全盛となり…

IMG_4003

「メイドもいつの間にか、パチスロ屋でCAになっているらしいですね」と中村さん。

IMG_4004

高架下に若いお姉さんのタチンボがいるけれど、ひと頃より元気ないなあ…(笑)新たに出店したパチスロの店や「煙草販売と喫煙スペース」の方が勢いを感じる。

IMG_4006

秋葉原は次はどこに向かってゆくんでしょうね?

どうなるんだろう?秋葉原の慣性の法則って何なのだろう?ヒントは一番新しい施設にあった。

ラジオ会館である。元は弱電部品の店がいっぱいのしびれる古ビルだった。先頃新装オープンしたこのビルに初めて足を踏み入れた。案内板のショップ名を見ても何の店かさっぱりわからない。ビルを上ってゆくと…

IMG_4009
うわぁぁぁぁ!ディープゥなオタクの殿堂…(^^;;)どのフロアもサブカルショップだらけ。フィギュアやドキュンや模型など…ぃぃぃっぱい!ビル全体がコレなのよ。人生踏み外したと思ったわ(^^;)

IMG_4015

ふとわかった。秋葉原の本質は電気の時代と何ら変わっていない。コアな客がぶらついてあれこれ探しまくる、これがこの町の慣性の法則なのだ。これは講義テーマになりそうなので今夜はここまで(^^*)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中