せんたくする幸せ

「天気の良い日に洗濯、掃除ができるって幸せね」と土曜日も仕事のある人が言っていた。ごくろうさまです。

今日は日差しがサンサン、暑いくらいでしたね。ぼくはぜいたくにも、ゆっくりと丁寧に掃除をした。まず眼を入れないと(^^*)。コンタクトレンズのケースの蓋をゆっくり閉めるのは幸せだ。そんなの幸せかって?幸せですよ。

FullSizeRender

悠々と机や棚や扉や額や何やらにを拭った後は、床の雑巾掛け。今は広い家じゃないので隅々まで水拭きして、乾いたらワックス掛けするのも幸せ。

IMG_3972
そうそう、シーツをアイロンかけしようとしたら、アイロンからスチームが出ない。水道水のミネラル成分が詰まっているかも、ということでドラッグストアでクエン酸を買ってきてクリーンアップしたのですが、やっぱりだめで…。まあこれも幸せのうち。スプレー糊でぴんとアイロンも幸せ。

sentaku

自由業だから基本的に休日はないのですが(今日も仕事はしている)、以前の家ではこういう休日はなかった。うだうだ、ぐだぐだしていた。掃除しようにも心と心がぶつかりあって、できなかった。

家族と別れてひとり暮らしをするようになって、予想外に炊事洗濯掃除が好きな自分を発見した。負け惜しみでも開き直りでもない。心細い時もあるしオチ込む時もあるけれど、たいてい自由をありがたく頂く。極めて自然体です。家事は楽しい。なぜだろうか。

どこかでていねいに生きることにぼくは失敗した。それがどこか見当はついている。その原因にある、どうしようもない自分の性(さが)もわかっている。だが終わったことは仕方ない。グズグズ思っても変えられない。その分、これからちゃんと掃除して住まいを磨き心を磨きたい。そんな社会に対する償いの気持ちも少しはある。

坂本龍馬は「日本を今一度せんたくいたし申候」と言ってデカイことを成し遂げた。ぼくは「自分を今一度せんたくいたし申候」ですね。洗濯をちゃんとして、人生の選択をし直す。自分の半径をつくり直す愉しみ。だからていねいにやろう。

なあんてかっこつけているけれど、身の回りが清潔だと生きようって気になる。断捨離とか片づけの魔法なんて本は閉じて、明日の日曜日、雑巾掛けや洗濯をしてみてください。きっと何か変わるので。

IMG_3980
夕陽もそう言っています(^^*)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中