人生ぐるりと。

今日は肩こりがひどい。それで少し肩の荷を下ろそうと思った。

肩こりの原因のひとつは、電話をたくさんしたせいだ。電話は嫌いだ。私用と公用両方でどれも話がぐるぐるした。ぼくは交渉力なし、調整力なしなのに、相手はみんなしっかり意見を言って、凹んだサンドバッグになった…(^^;

10675806_812987108745625_1545023153127022226_n

ぐるぐるしたところで、明日は『ぐるっとブレスレットワークショップ』。手づくりで自分を癒したい。

このイベントは、寄付の毛糸を使って飾りをつけてブレスレットを作る。自分だけの手づくりファッションを作って楽しい、プレゼントしてにっこり。参加費は被災地寄付でなおうれしい。そんな一石二鳥三鳥のイベント。ぐるぐるすると心も健康になる。「激励のお祈り」でも「罪滅ぼし」でもなんでもいい。何か念じながら作ると癒される。御利益は絶対にある。

そう信じて2年以上やってきたが、確かにあった。運命も変わった。

このイベントを毎月11日に始めて2年と2ヶ月目、明日はつまり26回目。ほとんどの人が被災地支援なんて忘れているのに、なぜまだやるのか。誰かがやらないからやる、しつこくやるべし…といろんな理由はある。もうひとつ、ごく個人的な理由がある。

誰かのために何かをする。それが自分という人間には必要だった。生きると愛するをリスタートするためには、弱い人の心をわかる人になることが必要だった。

自分とはどんな人間か。夫として父として失格者、落第者である。結婚をクール便よりも冷やし、スープは自分で勝手に温める夫婦になった。数ヶ月前から別居して、しかるべき新しいスタートを切りつつある。子も独立してくれたし。それは自分から望んだことなので、腐ることもオチることもない。あまり人に言わないと肩がこるので、ここいらで肩の荷をおろそうと思った。

誰かとは誰か。弱い人である。弱い人の心を知るにはボランティアであろうと考えた。そこに以前から1-2度やっていた『ぐるっとブレスレット』があった。手づくりの寄付とは自分らしいぞ。毎月一日なら負担も小さいだろう。そんな想いもあって始めた。脈絡が薄いかもしれないし、実に利己主義だが、巡り巡って社会のためになればいい。

今のぼくは席も譲るし、駅の階段でも年寄りや盲人を助けるし、だんだん善い人になってきたが、年相応で自分が弱まってきた…(笑)。

moon2
人生はぐるりと、雲はきっと晴れる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中