音と向きあう。

ぼくの音へのこだわりは尋常ではない。手間や手作業、手づくりで音にこだわる。

急遽でもないんだけど、運転免許を更新してからシステムコンポーネントをもらいにゆくことにした。秋の町内会の出し物の試作のために、相棒cherryさんが某所に買い物に、ぼくは免許を更新して、両者から近いある駅で出会おう。彼女は車、ぼくは自転車(事情があって今は車がない)。

compo1

ちりりん〜と出発〜と思えば…ハンドルに蔓が巻き付いてた(笑)ほぐして出発〜すぐに日干しになった…暑くて暑くて…^^;;脱水症状になりながら、免許更新を終えて、cherryさんとごっつんこした。なぜ彼女からコンポをもらうのか?それは…

compo2

<カセットテープ、MD、CD>というイニシエのブツなのよ(^^)しかも入力端子があるのでレコードプレーヤーと接続可能。最近断捨離をしてテープもMDもごまんと捨てた。だが彼女がコンポをくださるというので少しは残していた。

compo3

数kgの重さはあるし、ママチャリで坂はくるしい。しかも道中マクドナルドの油臭が漂ってきてバッタリ倒れた。苦労したから、完動品だとうれしいな♪

compo4

ケンウッドの『RXD-SE5MD』何年モノなんだろう?わからん。まずカセットですね。おぉっ!1981年のテープが蘇った♪CDももちろんちゃんと動く。MDは「?」でした。ぼくのと合わないだけかも。さすが物持ちのいいcherryさん。さてレコードプレイヤーはどう?

compo5

すごーい!回った、針が降りた、聴こえた!1969年の伝説のライブがゾンビだ♪(プレイヤーは元々ぼくの)。昔のコンポ、昔の音源、ここに集まる。丁寧に使ってやります。ありがとうcherryさん。

おバカなノスタルジーと言いたければどーぞ。もちろん昔の音源が生きるのはありがたい。それ以上に、昔のオーディオには「手間をかけて聴く喜び」がある。

レコードもテープも摩耗する。摩耗しないCDも落としたり引っ掻いたりで音が飛ぶ。壊れないだろうかと音を貴重品扱いする喜びがある。頭出しもできない音源に、アナログな人間を感じる。ぼくはデジタルだって手づくりで楽しむ。iPhoneの小さなスピーカーを紙の箱で増幅する仕掛けがある。

sheryl03-480

尋常じゃないと言いますか?手元に数万曲の方が尋常じゃない。音楽体験とは便利で深まるものじゃない。音と向き合って深まるのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中