禁欲的なストイシズム

ドクターのインタビュー原稿を書いていて、ある事情で福岡県立小倉高校のWikipediaを読んだ。これがちとおもしろい(^~^)

合服として着用されるグレーの霜降学生服こそ、別名「霜降り小倉」と言われるほど著名な地元の小倉織の生地で、他校にない小倉高校の特色をよく表現している。

1243ec50

確かに霜降りグレー。だがこの詰め襟制服は「ホックを外してバンカラするから廃止」され「襟に白線を縫い付けたラウンドカラー」になった。その画像が見つからない。代わりにナニですがこれかわゆし(笑)

080223_1055~01
もうひとつ、女子制服の記述がイイ。

冬季は禁欲的ストイシズムを強調する伝統的なデザインで、紺色のダブルのスーツ型、下にはブラウスを着用。(中略)スカートは膝下10cm、束ねていない長髪は禁止、前髪は眉上…以下略。

禁欲的なストイシズム”という冗長語が効いてる。ストイックって禁欲って意味じゃない(笑)しかし残念なことに、これも一生懸命探したが制服画像見つからず。これで想像して萌えてくれたまえ(^^)

kokura uniform-thumb-450xauto-108

ご承知の通り、ある種の人びとにはセーラー服や看護服など「制服が悶えの対象」。きっと禁欲と色欲のギャップが楽しいんだね、と独り合点。ぼくはナニを隠そうセーラー服に悶えたことはない。これホント(^^)だけど尼僧には惚れたかなあ。

o0301042011116185242
『尼僧物語』。美人すぎる尼僧、アフリカのオードリーというギャップに悶えた。でもマリリン•モンローにはまったく悶えなかった。マドンナにも萌えなかった。ぼんぼんという肉体は嫌いじゃないけど、肉ですよホラごらんと言われると、ちょっと…。

Niconews_v2_ni037224
じゃあ檀蜜はどうか。…ちと感じる(笑)どこに感じるかといえばボディもあるが挑発語がイイ。地味な顔にエロいボディという「エロくないのにエロい」のがいいのかな(^^)

つまり、と強引に結論を出す必要もないけれど、要するに、ともったいつける必要もないけれど、禁欲的なストイシズムとは冗長語ではない。言葉のかけ算=二重肯定によって「とてもエロい」いう意味なのである。

くだらないこと書いたが、昨日から今日、ずっと快楽的エロイシズムで原稿を書いておったので(つまりキビキビ厳しく?^^)許せ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中