ASEAN留学生発表会 2013年12月その2

今夜のASEAN留学生就活教養&リーダー養成講座、半期に一度の大棚ざらえ、生徒による発表会PART2、また感動した…(-^^;)

DIEUさんは「日本の結婚式たかーい!」とベトナムや海外での結婚式の勧めをしてくれた。聞けばベトナムの結婚式費用は1/2。まあ日本は異常だからね。
Zhunさんはスターバックスの戦略解説。鳴り物入りでベトナムに進出したスタバ、客入りは悪い。まあカフェ文化のある国だから必ず定着するでしょう。
Sonさんは“Clip”、ショートなクリップ動画投稿と広告を組み合わせるアイデア。若者中心に流行っているという。だけどタイアップ広告で実売につながるのかは疑問あり。
Thuさんはクルーズ旅行の勧め。豪華客船で1泊から1年の旅を提案してくれた。いつか行きたいね(^^)

さて今夜のハイライトはマレーシア、ラオス、ミャンマーの三人。

20131219asean1

“ゆ”って知ってますか?」とホワイトボードに書いたSooさん。「銭湯です〜」外国人は恥ずかしくて湯かないわな〜。日本文化を知ろう!東京ぐるりの一泊二日の旅を企画。提灯や和紙や折り紙など伝統工芸や生活品文化に触れ、天ぷらや親子丼を食べて、東京最古の旅館に泊まる。締めは「銭湯体験」。いい旅企画でした。ありがとう。

20131219asean2
ラオス留学生のSummyさんのプレゼン、まずタイトルがいい。「よい思い出をつくろう」ラオスの桃源郷と言われるルアンパバーン‎への旅の勧め。そして“パーシー”という僧侶を呼んでするお祝い儀式の体験。どちらもいい。やさしい彼女、ぼく大好き。

20131219asean3

締めはHsengさんの「マクドナルドをミャンマーに」。すごく良い話だった。

「ミャンマーは変わった国です。発展途上国でまだ何もない国。それは以前、政府が何もしてくれなかったためです。国民がかわいそうな国なのです。携帯電話は日本円にして20万円しました。今はよくなって中国製なら本機1万円、SIMカードも300円で買えますけど。

食べ物も外国人が安心して食べられるものは少ない。だからこそマクドナルドを開きたい。お客さんのターゲットは若者と外国人。若い人にはお洒落な人が増えてきました。外国人はマクドナルドなら安心して食べられますね。

メニューは暑い国なので冷たいもの、ジュースをたくさん置きます。ハンバーガーは嫌いです(笑)パンやサラダなど、国内の食材をつかってメニューを作りたい」

ミャンマーは一人当たり所得が1,000〜1,500ドルなので、“手頃な値段”がむつかしいかもしれない。でもそんなのは経済成長がいずれ何とかしてくれる。

彼女は尊い。国民のことを考えて、ビジネスを考える心の大きさと温かさ。打たれたよ!ありがとう!

豊かになった日本人よ。“消費者のこと”は考えても“国民のこと”を彼女ほど真剣に考えたことがあるだろうか?留学生たちの、まっすぐで純粋な目と心にはまだそれがある。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中