生者と死者と

小さな波乱含みで終止した取材が終わり、二冊の本が必要になった。取材陣一行と別れ、その町の古本屋に立ち寄った。(中略)もう一冊いや数冊の本は、手塚治虫の『火の鳥』である。 … 続きを読む : 生者と死者と

広告