半期のTo-Do Listをめぐって…

自由業になり、実業世界からバイバイして止めた習慣のひとつに“To-Doリスト”がある。あれやった?これやった?の生産性向上メモ。忍び寄る人には備忘録である。

事業計画という実業的な約束事とあまり親和性が高くない自分を発見して以来、四角四面なTo-Doリストも好きじゃなくなった。気持ちが追い立てられ、それさえやればいいと創造性が縮む気がする。To-Doのカタマリみたいなシステム手帳も使わなくなった。

とは言ってもメモリーロスなので、買い物リストくらいは書く。書くことで安心効果はあるけど、生産性向上というより人並みになるくらい。To-Doリストとは思い出させリストであって、もっと言うと“Done List”、つまり「やったんだリスト」という自己満足にこそ真価がある。

そこをうまく利用したのがデザインフィルの『やること付せん』(13年7月発売)。

130619_yfusen

「やり終えた項目を消すとデザインが完成!」のこのリスト、罫線を引くとハートに→が刺さる、電話機からくるくる線を引くと電話かけた、魚を釣ったらおしまいなど。なかなかやるじゃない。

でもぼくの心の中とは違う。ぼくの中にあるリストはいつも「やったけど、あれでよかったか?他に方法がなかったか?」と“To-Repeat”「ぐるぐるリスト」である。どこかに綻びがないか?考えても答えが見当たらない。だから反復して考える。

そこから自分らしいリストが見えてきた。ひとつは“Not To-Doリスト”「それするなリスト」。今日はお酒は飲まない。ネットに逃げない。エッチな妄想しないなど。後の二つは破っちまった…(笑)

あるいは“To-Moveリスト”「誰かを動かすリスト」。世の中の流れを少しだけ変える枝になって川面に刺さる。枝からほんの少し流れが変わって、下流で大きな流れになるように願うことをリストにする。ギャラリーでの手づくりイベントや“ぐるっとブレスレット”、ベトナム人留学生就活支援で少し出来ただろうか。医師のインタビュー記事で少し出来ただろうか?

ふと、まだ動かしていない人がいることに気づいた。自分だ。まだやりだせないことを抱えている。

syappo

シャッポ脱ぐ?いや脱がんぞ。

6月も末ということは半期が終わる。今日明日でリストをチェックしてみませんか。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中