「Wild nights」をどう訳すか?

かつて翻訳をしたいと思ったことがある。そこで英文翻訳の大家の本で学習しだしたが、結局止めた。技術上の難易度ばかりではない。そもそも翻訳は創作であり、創作が満足にできない自分にはできないと思ったのだ。

dic_manu

だが先日、翻訳家の藤本優子さんEmily Dickinsonの詩『Wild nights – Wild nights! 』をシェアしていた。読むとムラムラと(笑)訳したくなった。原文を上げる。

Wild nights – Wild nights!
Were I with thee
Wild nights should be
Our luxury!

Futile – the winds –
To a Heart in port –
Done with the Compass –
Done with the Chart!

Rowing in Eden –
Ah – the Sea!
Might I but moor – tonight –
In thee!

どう訳すか。全体の流れを「夜は私を狂わせる」と読む。ベッドに入る。いつもそこで逢う愛しい人がいるのだ。あの人をこうしたい、ああしたい、あの人にこうしてもらいたい…と愛と性の妄想の扉が次々に開かれる。興奮して眠れん。あるでしょう?ぼくだけじゃないはず…(笑)。そのリズムで冒頭四行を訳すと、

嵐の夜、嵐の夜よ!
そなたと共なら
狂おしい夜は
ふたりへのごほうび

ちと硬いかな。ポイントは「Wild nights」をどう訳すか。夜が複数形なのは「寝るたびに妄想が始まる」のだろう。また「luxury」は「ゼータクね」じゃなくて、性的満足のことだ。あと二節をアラ訳。

風が吹いても私は
港の内側。だから
羅針盤もいらない
航海図もいらない、でも

エデンの快楽の海に
漕ぎだしたいの!
今夜はあなたの中に
錨をおろしたいの

詩人エミリーは隠遁生活を送り、ロマンスはなかったといわれる。この詩も死後に寝室で発見された。だからこそ自由奔放な詩編ができたのかもしれない。しかし、やっぱり“Wild nights”の訳がポイントだ。

184456_511733152182321_1022148274_n

妄想の夜よ」…つまらん。「キミと一緒なら 夜はワイルドだぜえ」…だめ?(笑)「そなたと 穏やかならぬ夜を」…明治時代の翻訳。「性に悶える夜」…詩にならん。ではこれはどうか。

荒れ星の夜よ!荒れ星の夜よ!

星と妄想を重ねた表現、ロマンチックだな〜(自画自賛)。しかし自分の中の妄想的なスケベと女性賛美に照らしあわせると、こんな感じ。

女神たちの夜よ!女神たちの夜よ!

265923552969099455_GXSkumbb_c

笑うな(笑)。何しろ女性は妄想でも現実でも美しい。確かなことは、ムラムラするぼくにはやっぱり翻訳はムリだということだ。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中