野沢温泉「湯るマップ Vol.3 12月号」発行!

お寒ぅございます南関東地方。こんなに寒いんじゃ今年は厳冬ですね。先週からガッツリ寒い野沢温泉は、ゆ〜きげぇしぃきぃ〜♪(そんな歌はねえぞ笑)。

395028_518280801523805_1497847799_n

長野県野沢温泉村のスキー場、サラサラ雪とルーキーからプロまで満足のゲレンデで有名。1日からスキー場オープンで、今日の積雪でゲレンデはどこも20cm以上に。ピシャリのタイミングで『野沢温泉 湯るマップ Vol.3』2012年12月号のチラシを発行しました!

yurumap201212-1

今月号のテーマは『わしをスキーに連れてって』。30代後半以上ならよくご存知のホイチョイプロダクション制作のヒット映画『私をスキーに連れてって』をパクった。ただしワシです(笑)。内容はスキー場と年末年始のイベント情報盛りだくさん、野沢温泉の毛無山からのバックカントリー情報(ゲレンデを外れた山道を行くショートツアー)も。

img_525167_9404610_0
3号目もがんがんエキサイトして描いたぜ(笑)。コネタ数は前号以上、わかる人を選ぶジョーク、地元じゃないとわからんジョークも入れた。“Take Washi Out to the Snowfield〜♪” “野球場に連れてって”の歌でも聞きながら読んでほしい。そうです、今号から<英語バイリンガル>になった。何しろ外人旅行者が多いから。

裏面は長野県あちこちの“サイドツアー”、1日から2日のショート旅行を野沢温泉から楽しむ。善光寺近く宿坊ステイ(精進料理+座禅+写経)、小布施町で北斎アート、地獄谷野猿公苑でサルと一緒に温泉、かまくらづくりで汗流す…どれも楽しそう!

思えば1987年のホイチョイの映画で流行ったものはたくさある。“ゲレンデ美人”(スキー場だけで美人に見えるという意味)、アマチュア無線(当時携帯はなかった)、セリカGTフォア…。なによりスキーブームが炸裂した。それをもう一度という、依頼主(イーストエッジリゾート Jason Holtさん)の思いがある。

なぜこんなチラシを彼はぼくら(cherryさんとぼく)に依頼してくるのか?温泉にぼくらが支援するギャラリー施設があるからだけど、それだけじゃない。たぶんぼくらが「湯るい」からだろう。生きかたユルけりゃ手描きがユルい。でもぼくは若いころはもっと硬かった。年とるごとに柔らかくなってきた(エッチな意味でもね笑)。

ぼくらはギャラリーで心を武装解除するイベントを開きたい。マインドがどひゃぁっとオープンで、ハートがパクバクして、でも帰る時にはスピリッツがみなぎる。そういう思いが彼に伝わったのだと考えちょる。

yurumap201212-2

何やってるんだ?楽しけりゃいいのさ(笑)て感じで。

チラシはダウンロード無料&フリー、両面印刷して配布も大歓迎(A3です)。10部以上欲しい方には印刷して送ります(実費くださいね)。

yurumap vol3

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中