無筆の境地

耕介は聖徳太子の御廟の修築で外した柱の古材を渡し、彫ってくれと頼む。宮本武蔵は小刀を持ち、立ちもせず、水も飲まず彫り続ける。 … 続きを読む : 無筆の境地

広告