くにがまえに心

仕事をして、休んで、本を読み、うたた寝してから散歩した。時が穏やかに過ぎてゆく日だった。すると、あの“上から見る”感じが少しだけやってきた。 … 続きを読む : くにがまえに心

広告