福岡の酒呑みたちよ!

今夜はちょっとお酒をいただくか。酔っぱらって娘に悪さしてやろう。

何しろ愚娘は昨夜午前サマで帰還し、「何とかサワーと何とかサワーと何とかサワーと何とかサワーと何とかサワーを飲み干してきたよウィーって叫びやがった。もちろん就寝していたぼくは目がさめた。こんにゃろうと思っていたら、テレビをつけ、パソコンゲームをカチカチしだした。どちらもうるせー。しまいに、

静かにせい、ばかやろ!

と怒鳴ったら別の人も起きた。しかし愚娘はTVは消したものの、PCのカチカチは止めない。それがたまらないので、耳にイヤホンで音楽をかけながら寝た…ぼくは寝不足だ。午前サマの娘はきっと午後まで寝ていたにちがいない。

酒は人を高揚させる。人の迷惑にもなる。電車の中の酒マナーの悪さもひどい。酒臭い、大声のおしゃべり、からみ、ケンカ。今朝も路上で寝ているオトコが駅前にいた。警官もつらいよ。

まあ人のことは言えん。ぼくも若い頃はひでえ酒飲みだった。

一度ホームで寝込んだことがある。やさしい人が家まで抱えて運んでくれた。ラーメン屋の店主だった。あるときは乗ったタクシーが止まったスキに、酔ったぼくは後部座席右側のドアを開けて、叫びながら走りさったそうだ。記憶にまったくございません(笑)。道路の壁に付いている消火器をぶっぱなしたこともある。これは犯罪だろうか…

一時の飲み過ぎは誰でもある。事件や事故がなければ多少のハメ外しはかまわない。問題はブレーキがかからないアルコール依存症である。不祥事を起こすのは依存症が背景にあると思う。

というのもぼくはたぶん依存症だった。飲まない日がないほど飲んできた。不眠や頭痛に悩まされ、ロレツが回らなくなり、怒りぽくなった。男性機能も低下した。個人差があるとはいえ、休肝日無しに飲み続けると誰でもおかしくなる。不祥事を起こす前に、書くことに精進するため、2年ほど前からやめた。それでアタマがもどったかはわからんけど、睡眠の質もよくなり頭痛も減った。男性機能も回復した。何よりたまに飲むビールやワインが旨い。

不祥事続きの福岡市で市長が禁酒令を出した福岡の人々も、きっとシコタマ飲む。外出先での禁酒はもちろん、結婚式・宿泊先も飲酒ダメとなった。愚娘もやれ。

「大人なんだから」「飲み屋の商売に差し支える」など意見はある。それなら福岡市の役人の給与の1割を一律「市内限定の酒券」で配給したらどうか。1割までおおっぴらに飲める。それ以上飲むのは依存症と自覚しよう。酒券は割引換金もできる。割引分は東北の復興寄付にする。

酒は断つ日が多い方がいい。あなたの1週間も数えてみてほしい。一杯やって寝ようと思ったが、展示も一段落の明日にしよう。

これは酒樽じゃなくて漆樽である(笑)。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中