美人になるには…

彼女は世界で一番の美人と言われる。

This is the face of Great Britain’s most “natural” beautiful woman Florence Colgate, 18 whose face is “perfectly symmetrical,” with large eyes, full lips and high cheekbones. 引用元=skyvalleychronicle.

イギリスで最も自然に美しい顔ーFlorence Colgateさんの顔は大きな目、魅惑的な唇、高い頬で完全な対称がある」

化粧品会社Lorraine Cosmeticsの『Lorraine: Naked』はスッピン美人を競うコンテスト。8,000人の応募者から選ばれたファイナリストがFlorenceさん。確かに美人。それは科学的にも証明される。美人顔の条件とは、瞳孔と瞳孔の間隔が耳から耳の1/2が良い。彼女は44%である。目と口の距離はヘアラインから顎までの1/3が良い、彼女は32.8%である。ようするにパーフェクトな顔立ちなのだ。

今はウエイトレスとして働く彼女、これをきっかけにモデルになりたいという。きっと今日からなれるさ。2度も観てしまった動画はこちら。

美しさにうっとりする。ずっと観ていたい。だが…完全なる対称は完全なる魅力なのだろうか?

あえて(というと失礼か)イギリス人のCarey Mulligan/キャリー・マリガンさんを引き合いにだそう。『プライドと偏見』『17歳の肖像』に出演してノっている女優キャリーのお顔はシンメトリカルではある。でもパーフェクトではない。

引用元=VOGUE

お鼻はちょっともっこりだし、額は広いし、顎の線はきつい。目は顔とバランスがとれないほどでかい。顔のシルエットも丸すぎる。

それなのにイタズラな小娘の顔立ちは抱きしめたくなり、気品が溢れる容貌に圧倒されて、次の画像は新作『ドライブ』からだけど、そのへんにいるねえちゃんヅラがハマっていて可笑しいくらい。どれにも魅力が炸裂。彼女の顔はものすごいマグネットである。


画像引用元=cinematoday

女優だから表情をつくれるって?そりゃああるだろうさ。彼女はアカデミー賞ノミネート女優で、演技達者だから撮影中の『グレート・ギャツビー』ではきっと受賞するだろう。七変化はお手の物だ。

だが女性なら誰でも天然に持っている魅力がある。それは「揺れ動く表情」である。

ナチュラルな笑顔。すねた眼差し。いたずらなウインク。怒った頬。びっくりして上がる眉。考えこむまぶた。何?と傾げる首。笑いに弾ける顎。こっちを見て!と誘う髪。女性の顔の魅力とは揺れること。数値にあるわけじゃない。澄まして表情を崩さない美人にあるわけじゃない。

このキャリーでよくわかる。染めたブルネットにiPhoneをもつ、この顔がとってもいい。


画像引用元=e-online

彼女たちほど美人じゃない女性でも、綺麗な瞬間はたくさんつくれる。揺れる顔の動きをマスターすればいい。でもわざと作るのはだめ、自然にね。それがほんとうの美人だから。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中