作品社の増刷の達人から学ぶ3つの教訓

出版業界紙『新文化』で取りあげられた、作品社の編集者の内田眞人さんの仕掛け本である。彼が企画した本のほとんどが「二刷以上」。これは出版不況の中で相当珍しい。中には二十刷までいったジャック・アタリの『21世紀の歴史』お化け本もあった。 … 続きを読む : 作品社の増刷の達人から学ぶ3つの教訓