自転車の一方通行規制に賛成!

警察庁及び国土交通省では、自転車の交錯による事故の危険性を減少させ、歩道・自転車道における自転車の通行を整序化するとともに、自転車道等の自転車通行環境の整備を推進するため、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(昭和35年総理府・建設省令第3号)の一部改正について検討しています。引用元 


う〜ん堅い(笑)。警察庁の文を引用するのは稀なので堅さが新鮮だけど。自転車の一方通行を導入し、違反者は罰則・罰金をする制度が導入される。ポイントは「自転車の一方通行=表示板の矢印の反対走行の禁止」、対象とするのは「歩道」「自転車道」「自転車歩行者道の該当区間」、上記の交通標識を示した箇所。

背景には自転車事故の相対的な増加(くわしくはこちら)、整備した自転車レーンにおける事故発生率の減少(くわしくはこちら)がある。自転車事故の件数は減少しているそうだが、近年の自転車ブームで、事故にはならないちょっとした接触や、接触未満のリスクが増えている実感がある。地域によるけれど、無灯火、並走、逆走は増えているようにも感じる。

この状況の打開策として、自転車レーンというハード整備は時間がかかる(自転車専用道路は全国で約500km程度に留まる)ので、現実的な解として、歩道上の「整序」を優先させるものだ。

【実態とポイントの整理】
ここ数日チャリ通を再開して、自転車走行の実態とポイントを探ってみた。


ぼくは原則として車道を走るが、交通量の多い箇所、駐車の多い道路では、歩道を走る。もちろんその時は左側だ。しかし逆走者も多いので危ない。上の写真のオトコは余りにマナーが悪い(信号無視、逆走、歩車道行ったり来たり)ので晒した。


ブレてて申し訳ないが、並走して走るおしゃべりをするカップル、学生も多い。警察の前を通っても(無灯火でも)注意をしない警官も警官である。23区内はよく自転車を止めて職質するが、郊外はスルー。法の下に不平等がある。


坂がキツいところは歩道を走るようにしている。後続のクルマやモーターサイクルに迷惑だからだ。坂や歩道が狭い箇所から自転車レーンを整備すべきだと思う。そういう箇所ではクルマの駐停車は禁止である。


交差点で右折する場合、自転車は「2回横断」が正式なルールである。だが自転車乗りはクルマと一緒に右折する人も多い。左折路線にクルマがいて、自転車は直進したい場合、そのクルマの右側に出ないとならない。勇気がいる場合もある。またこの交差点のように“歩道橋”ばかりでは、自転車はどうやって渡るのか?窮することもある。交差点での自転車走行にこそ、明確なルールと道路整備が必要


この写真は河川敷のサイクリングロードである。自転車専用道の9割を占めるのがこの道路。昼間はいいが夜はご覧の通り真っ暗。ここを無灯火で走る自転車や、真っ黒いジャージで走るジョガーもいる。サイクリングロード=自転車オンリーではないが、光を付けずに走る/歩くことは禁止してほしい。ほんとうに危険だから。

【3つの提案】
一方通行賛成。逆走、無灯火自転車に罰則を与えてほしい。加えて、とりあえず考えつく提案を3つほどあげよう。

1)自動前照灯と尾灯設置の強制
何年か猶予期間を設けて、全ての自転車に自動点灯ライトを設置させる。タイヤ回転でのダイナモ式=マナー頼りではだめ。加えて尾灯も強制してほしい。

2)“白バイク”隊の編成
今の警官のバイクでは、自転車野郎に追いつかない。颯爽と走る“銀輪バイク部隊”を各署で編成して、車道・歩道で警らを強化してほしい。ユニフォームもかっこよく頼む。

3)サイクルシティ宣言
かねて提案しているサイクルシティになる自治体を求む。主要道に自転車道路が網羅され、市民の半分以上がジテツウする街だ。エコで健康でイメージもいい。歩行者にもやさしく、結果として自動車の安全運転にもつながる。不動産価値も上がる

以上です。なおこの規制についてのパブリックコメントはこちらからどうぞ。2011年8月20日まで受付中。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中