うなされるくらいなら、早く無くしてしまえ。

 今朝の地震はずいぶん揺れた。手を伸ばしてiPadをつかむと4時だ。どうりで眠いわけだ。

 二度寝入りしたらこんどは夢を見た。廃墟になった大学構内が舞台である。学生らしいぼくは崩れた壁を上り、瓦礫をかき分け、残った学生棟に入ったのだ。そこで何をしだしたかーなんと、アート作品と駄菓子みたいなものを売っていた。ああ!夢の中でも商売にならないことをしている!(笑)。
 
 再びiPadをつかんでトイレへ行く。7時前だ。震源地は福島だった。そういえば原発は大丈夫か?と思ってニュースを見ると異常なし。よかった。ぼくのような小市民さえうなされるようになった。そんなもの、早く無くしてしまえ。 … 続きを読む : うなされるくらいなら、早く無くしてしまえ。

50才の2つのクルマ:スバルサンバーとルノー4

近年のクルマは合理性が強すぎてデザインがつまらん。造形美もなければ道具美も感じない。特にスバルというユニークな会社が、合理のカタマリしか作らなくなるとすれば、事業とは何のためにやる活動なのだろう?と疑問がわく。
続きを読む : 50才の2つのクルマ:スバルサンバーとルノー4

伊良部元投手の墓にNYのマウンドの土を。

伊良部の到達点は何だったんだろう?

 天才の煌めきが一瞬のように、きっとヤンキースでの初戦だったのではないか。1997年7月10日、6回と2/3イニングを投げて、スタンディング・オベーションを浴びた。試合は10-3で勝利。 … 続きを読む : 伊良部元投手の墓にNYのマウンドの土を。

Zim & Zouのペーパークラフト

ライカからフロッピー、ゲームボーイまで……彼らが懐かしの製品を紙で再現するワケ
ライカや初代ウォークマン、ゲームボーイやフロッピーディスクなど、懐かしの製品をペーパーアートで再現するフランス人のデザイナーデュオ「Zim&Zou」。彼らはどんな目的でそんなアート作品を手がけているのだろうか。 … 続きを読む : Zim & Zouのペーパークラフト

バイク(自転車)ブームは多様化・個性化へ

バイクに乗りづけるのに大切なのが“自分の楽しみ方の確立”。狸サイクルのようにレストアを楽しむのもよし。ロング旅行への挑戦も、ポタリングもいい。ぼくはジテツウ探訪。ひとり路傍探検隊を結成して、寄り道をして小さな発見をしたい。 … 続きを読む : バイク(自転車)ブームは多様化・個性化へ

自転車の一方通行規制に賛成!

警察庁及び国土交通省では、自転車の交錯による事故の危険性を減少させ、歩道・自転車道における自転車の通行を整序化するとともに、自転車道等の自転車通行環境の整備を推進するため、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(昭和35年総理府・建設省令第3号)の一部改正について検討しています。 … 続きを読む : 自転車の一方通行規制に賛成!

エイミー・ワインハウス goes back to…

シンガーソングライターのエイミー・ワインハウスさん/Amy Jade Winehouseさんが亡くなった。享年27才は、ジム・モリソン/Jim Morrison、ジミ・ヘンドリクス/Jimi Hendrix、カート・コバイン/Kurt Cobain、そしてジャニス・ジョプリン/Janis Joplin が亡くなった年と符号する。いずれも自殺や自殺的だった。酒と薬と才能から、彼女も逃げ切れなくなったのだろうか。 … 続きを読む : エイミー・ワインハウス goes back to…

やっぱり“アートマルシェ”が一番

アートマルシェ神田を始めて3年目、壁に“穴”も増えてきた。ここで展示したいというクリエイターもやってくる。展示作業の腕も上がってきた(かな?)。創作体験やワークショップにも力を入れている。もっと多くの人に感動を与えて、人生をガラリと変えてやりたい。「ヤバっ。私の人生アートマルシェで変わっちゃった」と言わしたい。やっぱりアートマルシェが一番と言わしたい。 … 続きを読む : やっぱり“アートマルシェ”が一番

問題は言い換えると答えが見つかる

問題解決の大半は問題のとらえ方である。自分は問題のとらえ方が甘い。後になって誤解していたと気くことが多い。耳に入っているのと、心がうなづくのは違うのだ。言葉は噛み砕き、言い換え、自分の心の壁に何度も書こう。 … 続きを読む : 問題は言い換えると答えが見つかる

製本ワークショップ「角背上製本編」体験記

手づくりは心が集中して清々しくなるものだが、この製本ワークショップは心の満足だけではない。「自分で仕上げたと思えないほど」美しい。ギミックな仕掛けもユニークなサイズも罫線さえ無いノートが、自分が作ったということで愛でたい。紙が受け入れてくれる加工の奥深さ、仕上がりの端正な美しさに感動した。 … 続きを読む : 製本ワークショップ「角背上製本編」体験記

【追記あり】なでしこの花は球の上に咲いていた。

気になってはいたが、夜更かしはできない性質だし、そんなに早起きもできない。だが朝から汗まみれになって眼を覚ました。 トイレにiPadを持ってしゃがむ。見ると5時過ぎ。ちょこっとHootSuiteを開く。ツィートを見る。お … 続きを読む : 【追記あり】なでしこの花は球の上に咲いていた。

新しい眼を育てるプロジェクト

Tanyaは2005年に自動車事故で瀕死の重傷を負い、左目を喪失。それ以来義眼をはめることになったが、ネットの情報から人工眼の開発情報を知るようになり、左目の視力を取りもどしたいと考えた。それは義眼の内側にミニカメラを装着するアイデアである。 … 続きを読む : 新しい眼を育てるプロジェクト