自転車ブームは新たな段階に入った。

柄にも無く2日続けて自動車ネタを書いた。その反動で自転車ネタである。なんといってもこのニュースから。

自転車ロードレースの世界選手権エリート男子が3日、オーストラリアを会場に 267・2キロのコースで行われた。日本代表として出場した石垣市登野城出身の新城幸也(26)=Bboxブイグテレコム=は、トップと同タイム6時間 21分49秒の9位でゴールし、これまでの日本勢最高順位となった。引用元

世界選手権で日本の選手が10位以内に入ったのは初。新城選手はツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアの完走に続いての快挙。まさに日本人ライダーの新しいステージに立った。

【スマートそしてソウル】
海外ニュースを続けよう。ちっちゃなクルマで知られるスマートから“eバイク”が登場。最大90kmの走行可能、2〜3時間でフル充電、ブレーキも回生エネルギーとして貯めるという賢さ。画像引用元レスポンス


だが魅力はモダンなデザインだアグリーな電池を巧みに隠して電動自転車の野暮ったさをとっぱらった。しかもスマートフォンで個人認証やナビをする先進性もある。電動自転車を新たなレベルに押し上げる商品になりそう。

海外ニュースをもうひとつ、ソウルから。

国土海洋部(国土部)は4日、「アラベッキル(旧・京仁運河)に沿って、自転車やインラインスケートの道路を造り、漢江(ハンガン)自転車道と連結する計画だ。アラベッキルができれば、遊覧船だけでなく、自転車やインラインスケートで西海に行くことができる」と明らかにした。引用元

アラベッキル」沿いに首都圏から海まで片道1時間の自転車道路造成。仁川でランチや、夕陽をおがんでから自転車を遊覧船に乗せて帰ってくるコースも。東京ではこんな自転車道、検討もされてないのか?

【名古屋、沖縄、神戸】

でも名古屋では“名チャリ”が始まった。

都心部30か所に貸出返却ステーションを置き、月額1000円の会費で自由に乗れるという日本で最大規模の自転車共有実験「名チャリ」が、10月1日から名古屋市で始まった。引用元

駐輪ラックに“Felica”やおサイフケータイをかざせば、30分無料で利用可能。とりあえず300台でスタート、地下鉄2〜3駅を自転車に乗れば、タダだし健康にもいい。

オリックス自動車沖縄本島のレンタカー6店舗で『eチャリ』レンタルを10月14日より開始。同社は各地でレンタルバイク事業を進めている。

さらに神戸でも「KOBEまち・ちゃりシャトル」実験が開始。50台の自転車(内30台は電動自転車)をあらかじめ登録しておけば1時間まで無料、2時間まで1,000円でレンタル。沖縄も神戸も観光客向け。他の地方都市でも似た試みが広がりつつある

【新たな段階に入った自転車ブーム】
何が言いたいか。それは「自転車ブームは新たな段階に入った」。

商品はマニア仕様から脱皮し、個性や機能を競う段階に。
都市部では放置対策から、利用・活用という段階へ。
地方では自転車道路整備と観光利用へ。
そして日本人選手の活躍で、自転車競技への関心も高まる。


高額なチャリ流行が波紋となり日本全国に広がる。喜ばしいことですが、首都園の自転車事業は推進力もマナーも、ちと遅れ気味だと思うのですが、気のせい?

■■外部媒体執筆実績■■■■■■■■■■■■■■■■■

ビジネスメディア誠 執筆実績
プリバリイン 執筆実績

■■最新エッセイ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
お客を引き付ける“店長力”の秘密
(ビジネスメディア誠)

■■ことばのデザイナー■■■■■■■■■■■
あなたの書く自叙伝を「読まれるもの」にするご支援
クリエイターインタビュー、ポートフォリオの添削ご支援
ネットショップ向け 商品物語を綴れるワークショップ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中