手作りと工業プロダクトの真ん中のもの

敬愛する元同僚のまるこさんがミクシィに「iPhone4買った」と書き込みがあった。

それを見逃さなかったぼくはTwitterで「買ったのね」と直撃すると、彼女から「タッチパネルを愛撫してると、ジブリの御大が揶揄した言葉が思い出されます(笑)」ときたので、「ボクのiPhone3Gは、あまりに鈍いのでちっともキモチよくない」と返してやった。ぼくのはまるでiPhone EDなのだ。

でも、なでまわしたいキモチもわかる。そういうエンジニアリングをジョブスは計算してるからね。そこで今日は、もっとナデまわしたくなる“オリジナルケース”をちょっと。

【網とふくらみのiPhoneケース】

手で編んだように見えますが、工業製品です。
金型では実現できない複雑な形状を(比較的)安価に実現できるので、今後様々な機種用に面白いデザインのケースを作ってみようと思います。引用元


この網はなんだかキモチがいい。なんでかわからないけれど、網って良い感じ。手作りぽいけれどプロダクションというところもハハン。

日本には古来いろいろな網目模様がある。籠や切り子、漆細工や陶磁器など・・・。昔から伝わる紋様を、CADやプロトタイピングマシンに投入して、オリジナルデザインをオーダーなんて良いですよね。この試作を作ったビザビさんのサイトにも「オーダー可能」と書かれてるからやってほしい。

iPhoneケースでこういう“盛り上がり”もできるそうだ。ちょっとグロですね(笑)。ボク的には、愛撫とくればやっぱり「天狗」でしょうか(笑)。

もうひとつアイデアは、梱包材のビニールのプチプチってあるじゃないですか。あれみたいに柔らか突起があって、押して遊べると手持ち無沙汰にならないかな。

余談ですが、ビザビさんのサイトに『フエキ君 ぷにぷにマスコットストラップ』あり。これ売り切れが残念。

【プロダクトオーダーの時代】
iPhoneケースのオーダー受け付けサービスも増えてきた。たとえば『2000円でオリジナルiPhoneケースを作れるiPhoneケース.jp』というサービスでは、自分で描いたデザインを入稿もできる。パターンから選ぶこともできる。

また『ソフトバンクBB、iPhoneケースデザインを募集、優秀作は製品化も』という記事もあった。

都道府県をモチーフとした日本の美しさ、都道府県らしさをテーマにしたiPhoneケースデザインコンテスト。プロ・アマチュアを問わず広く募集する。引用元

優秀作は商品化もあり賞金もあり。テーマは“日本47美色”、ゆかりのある都道府県のもつイメージをiPhoneケースにどう描くか。

【モノを買うよりも語りたい】
欲しいモノが何にも無い時代の突破口のひとつは「オンデマンド少量プロダクトづくり」。あなただけのモノ、ひとつしかないモノ、でもそんなには高くないモノ。手づくりはちょっと、大量生産品もいや。手づくりと工業プロダクトの真ん中のものプロダクトをオーダーしたい

四半世紀前、未来学者アルビン・トフラーは“プロシューマー”という造語(生産者と消費者の合体=欲しいものを消費者が働きかける人)を作ったが、まさにその時代がきた。モノは要らない消費者の心の底にあるのは、作り手と語り合いたいという欲望なのである。

■■最新エッセイ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
経営コンサルタント滅亡—―その先はあるのか?
(ビジネスメディア誠)

■■ことばのデザイナー■■■■■■■■■■■
あなたの書く自叙伝を「読ませるもの」にする支援
クリエイターインタビュー、ポートフォリオの添削
ネットショップ向け 商品物語を綴れるワークショップ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中