龍馬 決死の手紙草案見つかる…後藤象二郎あて

龍馬 決死の手紙草案見つかる…後藤象二郎あて

幕末の志士・坂本龍馬が、土佐藩重臣の後藤象二郎にあてた手紙の草案が、高知県いの町の民家で見つかり、県立坂本龍馬記念館が15日、確認した。大政奉還を15代将軍徳川慶喜に迫るため、京都・二条城へ向かう後藤に対し、「地下ニ御面会仕(つかまつり)候」(墓の下で会いましょう)と自らの死の覚悟まで示して激励する内容。引用元

今朝のニュース「龍馬 決死の手紙草案見つかる…後藤象二郎あて」。これと少しかぶった内容で、ビジネスメディア誠のエッセイを書きました。本日発表するわたしのエッセイ、ご一読、よろしくお願いします。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中