通勤電車のやれやれ

M駅-K駅線で停まった、老いた車輛にもあてはまるだろう。どこの車両で押されたかさえ車掌はわからない。「事件は起きている!」と叫んでも「どこで?」。車内の伝言ゲームに頼らざるをえない。車両の外側に“非常ボタン点灯”のサインがあるが、それは駅に着いて確認できるだけだ。 … 続きを読む : 通勤電車のやれやれ

広告