自由なバイク・デザイン起業のチャンス

簡単・低コストで、誰もがチャレンジできるのがバイク・デザイン。日本のバイクデザインは“ママチャリ”、“ロードバイク”、“マウンテンバイク”、“仕事チャリ”など、どれもカタチが凄く画一的だ。もっと自由に、もっと乗り手のイマジネーションを刺激するメーカーがあってもいい。エコで身体に良いバイクが広く市民権を得た今、カスタム・バイクショップ創業の一大チャンスである。 … 続きを読む : 自由なバイク・デザイン起業のチャンス

広告

J.D. Salinger dies at 91on January 27,2010 お通夜

昨日わたしは取材に出かけて、目をキラキラさせていた3人の若者に逢ってから、仕事場にもどった。一方、仕事を捗らせた彼女は、先に帰宅していた。そんな具合でスレ違いだったので、朝の情報交換というわけだ。かくかくシカジカ。だがわたしの口元は、まるでロウソクをかじるように歪んでいた。

「今日はボクは喪中だ」わたしは言った。
「サリンジャーですか?」cherryさんはいち早くわたしの“合掌ブログ”を観ていた。
「そうさ。今日は喪中だ」今日のブログは“ひとりお通夜”である。手元にサリンジャー本を出してきた。 … 続きを読む : J.D. Salinger dies at 91on January 27,2010 お通夜

“コシヒカリ”から“みどり豊”へ、農業をやりたくなるお米

“コシヒカリ”から“みどり豊”へ、農業をやりたくなるお米
温暖化の影響で、高品質のコシヒカリを作ることが難しくなっている。そんな中で登場したのが、高温による品質低下の影響を受けにくく、収量も多い新品種「みどり豊」だ。どのように作られているのだろうか。 … 続きを読む : “コシヒカリ”から“みどり豊”へ、農業をやりたくなるお米

iPadが気になるもので。

iPadが気になるもので。
engadgetの記事から引用とコメント・・・( )内。

* It’s not light. It feels pretty weighty in your hand.(そんなに軽くない)
* The screen is stunning, and it’s 1024 x 768. (スクリーンはすんげえ)
* The speed of the CPU is something to be marveled at. (CPUもすんげえ)
* There’s no multitasking at all. It’s a real disappointment. All this power and very little you can do with it at once. (マルチタスクができない・・・これは要チェックだ)
* The ebook implementation is about as close as you can get to reading without a stack of bound paper in your hand. (いよいよ電子ブックの時代だ)
* No camera. None, nada. (カメラキットは別売)
* It’s running iPhone OS 3.2.
* The keyboard is good, not great. (キーボードスタンドに惹かれた)
* No Flash confirmed. So Hulu is out for you, folks!(Huluはフラッシュソフトをダウンロードしてから観るらしい。huluはレンタル映画のようなもの。米国内だけ) … 続きを読む : iPadが気になるもので。

リンゴの“農家学者”が教えてくれたこと

農業に従事する家人の肌荒れに始まる深刻な健康被害を目の当たりにして、無農薬にすべきだという純粋な想いが出発点だった。試行錯誤の行動をし、観察し記録し、科学し化学し、愛情と慈しみをそそぎ、意地と絶望をくり返し、それはまるで大きな自然のサイクルのように大地に注がれて、絶望のどん底で、感動的な気づきを得て、実らせた豊穣の物語。 … 続きを読む : リンゴの“農家学者”が教えてくれたこと

プチJAL化、していませんか?

JAL化とは何でしょうか。今さらですが…。

・任務も評価も、責任の所在もあいまい。
・何かに保護されているという錯覚。
・自分だけは大丈夫といういわれなき願い。
・誰かがやってくれるという他力本願。

身近な例ではこんな感じです(実例です)。

「何もやらない社員を雇ってしまう」
「何もやらない社員が他の社員に“腐の影響”を与える」
「それを上申すると、なぜか管理者がナアナアで済ます」
「そんな管理者に呆れた社員がどんどんやめる」
「その結果、市場性がない社員だけが残る」 … 続きを読む : プチJAL化、していませんか?

春、屋外イベントで販売&ワークショップを開きます!

露天販売のプロは、什器に2つ意味を持たせてます。商品運搬と販売台。これらを一体化して開店作業から片づけまで、お見事!という感じで一貫している。わたしとcherryさんは1度体験済みですのでシロウトより慣れてますが、しっかりした什器がない。良い什器が…欲しい!と叫ぶと、彼女は「こんなのどうですか」とお奨めするが『MUGENコネクター』。 … 続きを読む : 春、屋外イベントで販売&ワークショップを開きます!

ノスタルジーとイノベーションのクルマ=MINI

MINIー1959年に“永遠の小型車”の原点が生まれた。小さくて効率主義のクルマのはずなのに、なぜか“懐かしさ”が最初から埋め込まれていた。それは外観の普遍性、インテリアの必要最小限の奇抜さ、4人がそこそこゆったりできるパッケージング、バッテリーをトランクに配する遠慮のなさ。普遍性と革新のミックスー誕生から“あらゆる商品は劣化する”という呪縛から逃れていた。 … 続きを読む : ノスタルジーとイノベーションのクルマ=MINI

印税70%、自費出版プラットフォームの夜明け

70%配分の自由裁量の主導権を誰がとるのか?それは編集プロデューサーのような立場の人だろう。ライター・フォトグラファー・デザイナーを組織化して、低管理費で良い本を出せる目利きだ。彼らが学ぶべき職能は「Kindle Development Kit」、電子書籍にアップするソフトウエアである。 … 続きを読む : 印税70%、自費出版プラットフォームの夜明け

ザンネンなバイクデザインの裏側には…

空中散歩のデザインは、今の道路システムでの自転車の地位が低いゆえ。超かっちょ悪いバイク“アルマジロ”は、今どきのプロっぽいヘルメットへのアンチテーゼである。本格的なメットをかむってスーツでご出勤なんてNGだし、どでかいヘルメットは買い物にも支障をきたす。どちらにもウォンツ(欲求)があるのだ。それも、バイクはすでにブームからライフスタイルになり、走り屋主体のバイクスタイルから、自分スタイルの探求に主流が移りつつあるからだ。 … 続きを読む : ザンネンなバイクデザインの裏側には…

安くて良くてうれしいモノ 

安ければ(サイフが痩せる)人民にはメリットありそうだが、安かろう・悪かろうと言うし、驚きだけで買わされても(あとで)不幸せになる。良いモノをリーズナブルに売りだし、償却するなかでお得に提供することができれば、双方にいうことなさそうなのですが。そういうモノが今ほとんど顧みられない。そこが問題だ。 … 続きを読む : 安くて良くてうれしいモノ 

スタイルフリー、心もフリーなタイツ

タイツやシャツなど“機能性スポーツアンダーウエア市場”は08年には180億円市場となるなど注目分野。それを見込んだのが『CW-Xスタイルフリー』で、ワコールは「スポーツシーンだけでなく日常シーンまで着用いただけるライトな機能を備えた『CW−X スタイルフリー』を発売するに至りました」というコンセプトで開発した。 … 続きを読む : スタイルフリー、心もフリーなタイツ

ランドセルの深層心理

ランドセルには、「こんな子に育ってほしい」という親の願いと、「うるさいよ、そんなの」と自我が芽生え始めた子の想いがぶつかりあう“深層心理のコミュニケーション”がある。だから、子が不本意な顔をしたなら、それは成長である。そのときは親の好みを押し付けないで、認め合ってほしい。なぜならランドセルの思い出は、長く長く引きずり、将来に影響するものだから。 … 続きを読む : ランドセルの深層心理